「固体物理の基礎」(上・T)

アシュクロフト・マーミン 著  松原 武生 ・ 町田 一成 訳

ホーム
出版
  • 物理学叢書
  • 医系の物理
  • 数学叢書
  • 単 行 本
  • P O D 版
  • 古書
  • 古書案内
  • 在庫目録
  • 表紙
    目次

    (上・I)固体電子論概論

    1. 金属のドゥルーデ(Drude)理論

    2. 金属のゾンマーフェルト理論

    3. 自由電子モデルの破綻

    4. 結晶格子

    5. 逆格子

    6. X線回折による結晶構造の決定

    7. ブラベー格子の分類と結晶構造の分類

    8. 周期ポテンシャル中の電子状態,一般的性質

    9. 弱い周期ポテンシャルの中の電子

    10. 強く束縛された方法

    上・II巻下・I巻下・II巻へ続く)

    学部生にも大学院生にも使えるよう工夫され、内容の取捨選択がしやすく、種々の目的、異なる水準でもうまく使い分けられる。固体物理学の現象の記述と理論的解析による統一という著者の目標は完全に達成されている。

    ISBN978-4-8427-0198-1

    定価(本体3,500円+税)



  • ↑トップへ戻る

  • 固体物理の基礎(上・II巻)

  • 固体物理の基礎(下・I巻)

  • 固体物理の基礎(下・II巻)

  • 物理学叢書の一覧へ戻る