「パーコレーションの基本原理」

(第2版・原著修訂版)

D. スタウファー, A. アハロニー 著   小田垣 孝 訳

ホーム
出版
  • 物理学叢書
  • 医系の物理
  • 数学叢書
  • 単 行 本
  • P O D 版
  • 古書
  • 古書案内
  • 在庫目録

  •    目次


      序論:森林火災,フラクタル構造をした油田,拡散
      
      クラスターの数

      クラスターの構造

      有限サイズスケーリングと繰り込み群

      伝導度と他の動的性質

      ウォーク,ダイナミックス,量子効果

      熱相転移への応用

      まとめ:A 数値的な手法・
                B 次元に依存する近似法

    パーコレーションは、物理学の中で最も幅広い現象に適用されるパラダイムである。本書は、世界的に評価の高いパーコレーション理論の教科書であり、著者によっていくつかのデータが最新のものに改めらている。
       スケーリング理論を基本的視点として、基礎から最先端に至る内容を統一的に記述した本書は、パーコレーションを学び、応用する学生や研究者の必読の書である。
     まずパーコレーションの基本的概念が応用例と共に説明され、初学者には格好の導入となっている。ついでクラスターの構造と性質が詳しく論じられ、パーコレーション転移の特徴が説明される。さらに、有限サイズスケーリングと繰り込み群に基づく最新の理論が展開される。
     本書後半では、動的性質に焦点が当てられ、マルチフラクタル概念の導入、連続系などへの応用、インベージョンパーコレーションなど動的過程の様々な問題が議論される。
      最後に、熱相転移における液滴模型とパーコレーションの関係が詳しく論じられ、類書にない特徴となっている。
     本書には、シミュレーションのプログラムも与えられ、また演習問題が与えられているので、講義のテキストや輪講用の教科書として最適である。

     

    ISBN 978-4-8427-0298-8

    定価 (本体4,300円+税)



  • ↑トップへ戻る

  • 物理学叢書の一覧へ戻る