「場の量子論」

−摂動計算の基礎−
(改訂版)

日置 善郎 著

ホーム
出版
  • 物理学叢書
  • 医系の物理
  • 数学叢書
  • 単 行 本
  • P O D 版
  • 古書
  • 古書案内
  • 在庫目録

  •  1.古典力学から場の量子論へ

     2.摂動計算の基礎と場の演算子

     3.ファインマン則と計算の具体例

     付録

    本書においては、相対論的な場の量子論の基本的な構成がスケッチされるとともに、そこにおける主要な計算方法である共変的な摂動論の基礎が、幾つかの具体的な計算例とともに丁寧に解説されている。これまで自分ではペンを持ち計算をしたことのない学生でも、本書に従ってゆっくりと進んで行けば、摂動計算の基本的なテクニックを身につけることが出来る。場の量子論の修得を目指す学生なら誰もが読む必要のある本格的教科書をフルコースに例えるなら、本書は上記の内容に的を絞り込んだ軽いサンドウィッチといったところだろう。両者が相補的に活用されれば一層の学習効果も期待できる。また、場の量子論に現れる各種の場の演算子についてのいろいろな公式がまとめられているので、実際に研究現場にいる方々にも「場の量子論・摂動計算の公式集」としての利用価値があるだろう。

    ISBN 978-4-8427-0326-8

    定価 (本体2,800円+税)

    訂正表は著者ホームページ







  • ↑トップへ戻る

  • 単行本の一覧へ戻る