「現代の凝縮系物理学」(上)

チェイキン, ルベンスキー 著  松原武生 ・ 東辻千枝子 訳

ホーム
出版
  • 物理学叢書
  • 医系の物理
  • 数学叢書
  • 単 行 本
  • P O D 版
  • 古書
  • 古書案内
  • 在庫目録
  • 表紙
    目次
    1. はじめに

    2. 物質の構造と散乱

    3. 熱力学および統計力学

    4. 平均場理論

    5. 場の理論, 臨界現象, くりこみ群

    6. 弾性論の一般化
    下巻へ続く)

    本書は、優れた実験家であるChaikin博士と卓越した理論家であるLubensky博士による「ソフト凝縮系物質」の物性物理学に関するまったく新しい教科書である。「対称性の破れ」と「秩序パラメータ」を基本概念として、ソフト凝縮系の諸相の記述と相転移の理解に焦点を当て、結晶の周期場における量子力学から出発する従来の固体物理学のテキストと相補的な視点に立つはじめての試みである。

    日本物理学会誌、米国物理学会誌(Physics Today)の書評でもとりあげられ、好評を得ている。

    ISBN 978-4-8427-0281-0

    定価 (本体6,600円+税) 在庫僅少

    訂正表はhttp://homepage3.nifty.com/totsuji/


  • ↑トップへ戻る

  • 現代の凝縮系物理学(下)

  • 物理学叢書の一覧へ戻る